Blog引っ越します。

Blogの引越しをします。ただし過去記事は
こちらで全て置いていきます。

引越し先は下記URLです。
ただし忙しいので当面記事を載せられませんが。。。

http://blogs.yahoo.co.jp/tack_astro

| | コメント (0)

第3回双望会に参加【機材紹介】

2日目のメインイベント機材紹介です。
なお、私が無精者なもんで、
機材の写真は必ずしも、機材紹介のときのものでは
ありません。
ご了承ください。

会場の雰囲気はこんな感じです。

Soboe_2

まずは、双望会運営委員長服部さんのBigBinoです。
今回初めて見せていただくことができました。
さらには、NGC7293を導入させていただくハプニングも。。。

Bigbino_3

岡本さんの25cm屈折双眼です。
これで見るDSOも素晴らしいんですよね。
以前、大江山でM51を見せていただきましたが
見事と言うしかありませんでした。
こちらではモンキー星雲をリクエストされ、
導入させていただきましたが、
操縦桿のような?ハンドルにスイッチがあり、
押すとレーザーが出る仕組みになっています。
すごくかっこいい!

25cm_2

ほそさんの40cm反射双眼【KABUTO】です。
斜鏡部が正に日本のカブトムシを彷彿とさせますね。
こちらも今回初めて見せていただくことができました。

M42が大迫力でした。

Kabuto

昨年初登場の際、精巧な出来で、話題にもなった
田中さんの38cm双眼使用のドブです。
双眼装置、接眼部等全てご自身で作られていますが、
本当にメーカー真っ青の出来です。
しかもよく見えますからね!

38cmsogan

そらさんのニコちゃんとマーくんです。
(要はNikon8cm屈折とGoto8cm+MARK X)
ここでお見せできないのが残念ですが、
機材紹介中のそらさんの笑顔がいいです。

Markx

utoさんの18inchドブソニアン。
Galaxy製ミラーはいい星像を見せてくれます。

P1000208

ケーメーさんのGinji400。
Deep Skyのニックネームを付けるのがすごくお上手です!
でも”もりぞうEye”は・・・

Ginji400

nakajiさんのNinja320。
ポンセットマウントに載せられています。

Nakaji320

TacciさんのNinja320。
Deep Skyの探訪をどんどんやっていきましょう!

Taccininja320

» 続きを読む

| | コメント (0)

第3回双望会に参加【1】

第3回双望会に参加してきました。
本当に楽しかった

大台も行きたいし迷っていたのですが、大台なら次の週でも
何とかいけると思い双望会にエントリーしました。

正直開催1週間前ほどから浮き足立ってしまいましたね。
子供みたいに知恵熱出ないか心配になりました

昨年は行き帰りちゃっきりさんと一緒でしたが、今回はなるべく
早く現地に着きたかったので行きは一人で直行しました。

AM10:00過ぎ出発。京滋バイパス~名神~新名神~
東名阪~伊勢湾岸自動車道~東名のルートで
豊川インターを降り、下道をひたすら走りました。
これが結構長いんですよね。

PM2:00少し前にスターフォレスト御園に到着。
東海の星仲間の皆さんに迎えられました。
私の爆音車じゃこっそり来るのは不可能ですね

受付を済ませ、YAMAさんのところへ。
駐車スペースはメイン会場内にしていただいていました。
大森さんの横へ停めました。

OMEGA3750を組み立ててから、魔の(?)8番バンガローへ。
少々着替えを持って来過ぎたので後の片付けが大変でした。

昨年はフライングしてお目玉くらった夕食を経て観望へ。
確かその前に風呂に入ったかと思います。

少々観望したところで8番バンガローにて宴会に突入。
いい空なのに…でも酒を飲んで語ったり騒いだり
出来るのもこのようなイベントならではですので。
実際今シーズンは単独での遠征が多かったので、
たまにはドンチャン騒ぎもいいかなと。
特にケーメーさんには2日連続で酒のお付き合い
いただきました。

ただ元々アルコールに弱い体質なので、
日本酒まで飲んだのはまずかったです…
外に戻っても自分で認識できるぐらいの千鳥足。。。
いすに座って小一時間ぐらい寝てしまっていたようです。

その後しばし観望を楽しみ、就寝。
寝床はちょっと寒かったですね。

| | コメント (0)

9/10 in 大台

9/9(金)に休みを取り、晩に大台に遠征することにしました。
日没後から薄明前までほとんど雲なし。
夜露は多少ありましたが少ないほうで、
透明度抜群、シーイングも良かったです。

M1,2,8,13,14,15,16,17,20,22,23,30,31,32,33,35,36,37,38,41,42,
43,46,47,52,55,56,57,71,74,76,78,79,81,82,92,110

NGC55,246,247,253,281,288,300,891,1097,1097A,1232,1325,
1332,1360,1365,1400,1407,1907,2024,2158,2174,,2237,2244,
2359,2371,2372,2392,2403,2438,6440,6445,6543,6781,6822,
6826,6888,6939,6946,6960,6992-5,7009,7094,7293,7331,
7479,7619,7626,7635,7789,7814

IC59,63,342,405,1613,G1,Stephan's Quintet,
ペルセウス銀河団、ろ座銀河団、メデューサ

たぶん一晩に見た天体の数は過去最高です。

G1(M31内の球状星団)を今まで自分で導入したことがなく、
Ninoさんに教わりマスターしました。ありがとうございました。

特に印象に残ったDSOのインプレを。。。

【M31】
普段素通りする対象ですが、空が良かったので
じっくりと暗黒帯や腕の構造を堪能しました。

【M33】
見事すぎる!!腕がはっきりしていて、高倍率にしても
楽しめました。

【NGC891】
暗黒帯がはっきりしていて、普段より見易かった。

【NGC1365】
先月も見ましたが、その時よりも腕がよりよく見えました。
正に鋭利な鎌でしたね。

【IC342】
このような空ではまさにフェイスオン銀河でした。

【IC1613】
くじら座とうお座のほぼ境目にある、Local Groupの一員です。
淡い!!でもこういうのを堪能できるのもいい空ならではです。

【NGC2403】
腕が見えていました。ファインダーで楽に存在が分かる空では
見ごたえのある銀河ですね。

昨シーズン、エリダヌス川の川下りを目標にしていながら
ろ座銀河団の誘惑に負け、出来ていませんでしたので
今回一部チャレンジしました。
そこでの初物はNGC1325,1332,1400,1407,1232等です。

今回のような空は滅多に巡り会えません。
お腹一杯状態です。。。

| | コメント (4)

8/15 in 大台

今回の夏季休暇は月齢に恵まれているのに、
天気は全くダメでした

何とか休暇の最終日前日の晩は晴れそうでしたので、
大台に行ってみました。

次の日から仕事のところが多いのか?星屋さんは
見かけましたが知っている人は全くおられませんでした。
まあ、私は最近一人で観望していることが多いので、
あまり気になりません。

月没前は薄雲が多かったのですが、月没後少なくなり、
多少広がることはあったものの、一晩観望できました。

ただし集中力が持続せず、見たDeepSkyは控えめ。。。

M1,2,8,11,13,14,15,16,17,20,22,23,27,31,32,33,34,36,37,38,42,
43,55,56,71,74,76,92,110
NGC55,246,247,253,281,288,891,1097,1097A,1360,1365,
1907,2024,6207,6246,6440,6445,6781,6819,6822,6826,6888,
6939,6946,6960,6992-5,7009,7293,7331,7479,
Stephan's Quintet,ペルセウス銀河団、ろ座銀河団

前は”とにかくたくさん見る”がポリシーでしたが、
結構疲れるので最近は数を意識せず、その代わり
それぞれのDeepSkyを堪能しています。

【NGC55】
南中前で条件は揃っていなかったものの大きい姿を
見せてくれました。

【NGC253】
大きくて中心のぐちゃぐちゃっとした構造が見事

【NGC1097】(たぶん初)
口径50cm以上なら鎌のような腕が見えるようですが。。。
37cmではそこまでは見えずでも大きく見事

【NGC1360】(初)
以外に大きなろ座の惑星状星雲。のっぺりかつ
ぼおっとした姿が不気味。。。

【NGC1365】
鎌や2本の腕が見事水蒸気が多かったので低いものは
どうだろうと思いつつ向けてみると。。。ほんまビックリしました。

【NGC6426】(初)
へびつかい座の球状星団です。淡い!でもこういうのを
見るのも面白いです。

【網状】
夜半過ぎに見た網状は凄かった。もつれ合う構造が
本当に見事です。

【ステファン】
クマさん、今回も一応5ヶ見えたっす。やはり大台の空だから?

まさかろ座の銀河が好条件で拝めるとは、
思っても見ませんでした。本当に良かったです

| | コメント (0)

«ドッグランにて